• 遺産相続に関して弁護士に相談できる

    • 遺産相続は、遺言書が特別に作成されていない場合には、配偶者は子供などに遺産が相続されることになります。法定相続分は民法に規定されており、相続人が配偶者と子供の場合には、2分の1が配偶者、残りの2分の1を子供の人数で平等に分けることになります。



      しかし、法定相続分に関しては、遺言書などがあり、被相続人の意志がしっかりと確認できれば、これとは違った遺産分割を行うことができます。

      遺産相続においては、分割が難しい不動産が遺産に含まれていることが多く、法定相続分で分けると不動産を競売などで資金にかえなければならないケースが発生してしまい、問題が大きくなってしまうことがあります。

      できることなら、生前から遺産相続にかかる財産をしっかりとすべて把握したうえで弁護士に相談しながら遺言書の作成をしておいたほうが良いでしょう。


      医師にも専門分野があるのと同様に、弁護士事務所でも専門分野がいろいろとあるので、遺産相続や遺言書に詳しい弁護士に依頼することが滞りない手続きのためには重要となります。



      特に事業を承継するようなケースでは、相続が滞ってしまうと事業継続に影響が出てしまう可能性があるので、弁護士に間に入ってもらうことはとても重要となるでしょう。

      公正証書遺言など、きちんとした遺言書を作成しておけば、相続が発生した時スムーズに遺産分割を行うことができるので、事前にしっかりとしたものを用意しておくことは何よりも重要となります。

      47NEWS情報ならこちらのサイトです。

  • ためになる情報

  • 社会について情報

    • 遺産相続を弁護士に相談するメリット

      遺産相続は親族間でのトラブルが起きやすいものなので、弁護士に相談して交渉してもらうことで分割協議を円滑に進めやすくなります。遺産分割には時効がありませんが、相続人の間で明確に意見が対立している状態で当事者間で協議を進めようとしても人間関係が悪化します。...

  • 情報分析・納得の事実

    • まずは相続の無料相談から始めよう

      近年では、弁護士などに対する相続相談の窓口が非常に大きくなっている傾向があります。これは、インターネットなどを利用することによって気軽に弁護士に対して法律相談を行うことが可能になったからにほかなりません。...

    • 相続の無料相談センター

      相続の無料相談を受けたい場合には、一般社団法人全国生活支援機構が運営している全国相続無料相談センターを利用することができます。こちらの無料相談センターは、多くの個人、団体が加盟しており、賛助金を得て運営されているので、相談者は費用を請求されることなく相談をすることができ、解決までサポートを受けられます。...